アラサー共働き投資妻の家計簿

資産運用が趣味の妻が書くブログ

世間の家計簿 28万3000円の消費支出の話

1ヶ月の消費支出は平均28万3000円

 先日、興味深いニュース記事がありました。

1カ月の消費支出は平均28万3000円。みんなの家計は? - ニュース・コラム - Y!ファイナンスm.finance.yahoo.co.jp

2人以上の家庭の消費支出は平均28万3000円だそうです。2人以上ということは、私達のような夫婦2人住まいやお子さんのいらっしゃる家庭など、いろいろなケースが考えられますね。私達夫婦は、まさにこのくらい(月によってはお小遣いで使っている分が、足出てるかもですが…)。使いすぎかな…いやでも人間2人いたらこのくらい使うかも…と思いながら、マネーフォワードで家計簿管理していたので、平均と知り、安心しました。←

これは平均であって中央値でないから、たくさん使うセレブな家庭が平均値を押し上げてるかもしれない…

楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

世間の1ヶ月の消費支出28万3000円の使いみち

私達夫婦の5月の消費支出と比べてみました。

赤字:消費支出の世間の平均 太字:投資妻の家庭の5月の消費支出)

食費 72,866円 (51,246円)

住居 16,555円 (140,000円)

光熱・水道 21,535円 (12,148円)

家具・家事用品 10,560円 (121,766円)

被服および履物 10,808円 (各自のお小遣いから)

交通・通信 39,691円 (11,300円)

教育 11,062円 (0円)

教養娯楽 27,958円 (各自のお小遣いから)

その他消費支出 59,120円 

合計 283,027円 (336,460円 *お小遣い除く)

家具・家事用品の支出に関しては5月に家具を購入したため、普段よりもだいぶ多いです。いつもだったら、1万円くらいのはず。家具代を除くと、私達の5月の支出は220,000円ほど。この金額に、それぞれのお小遣いで使っている服飾費や教養娯楽費を合わせたら、やはり平均の28万3,000円に近い数字なのだろうなと思います。

世間の平均と比較すると住居費にかなりかかっているようです。ただ、それ以外の食費や消費財などに使う変動費は少なめでバランスはとっているようです。

しかし、この世間の住居費の平均の16,555円って本当でしょうか?持ち家で支払い完了済みの世帯や親類から譲り受けてお家賃ゼロの世帯も多いってことでしょうか?固定費がかからないのは、とても羨ましいです。

将来、子育て世帯の仲間入りするかもしれない私達。暮らしぶりは充実させつつも、無駄な支出はださないよう、今後も周りを参考にしながら振り返りを行っていきたいです。

「BIGLOBEモバイル」でスマホ通信費を節約!?