投資妻の初めての株式投資

アラサー共働き投資妻の株式投資

私は資産運用の一環で現物取引株式投資を行っています。

まだ株式投資歴は3年と少し。

この3年で元の資金から+10%増えています。

ネット銀行などの金利高めの定期預金に3年間預けても+0.2%ほど。

初めたばかりに右も左もわからないうえに普段は会社員で本業もある。

そんな私でも始めて3年で定期預金の50倍利益を得ることができています。

投資妻の初めての株式投資

初めての株式投資は2014年12月のこと。

初めての投資先は総合商社の双日。当時100株16,700円でした。

双日の株を購入した理由。それは少ない貯金で買える額だったから。

株主優待や配当金がもらえるから、とか、割安だから、とか今なら気にするポイントはまったく気にすることなく、買えるものを買ってみました。

それから3ヶ月ほどで経ち、17,300円で売却し、利益は600円。

たったの600円ですが、されど、600円。

私の資産を他者に委ねることで、他者が経済活動を行い、利益として私の手元に戻ってくる、この体験を得られたことに600円以上の価値があったように思います。

2768 双日のその後

2018年5月11日現在、419円まで上がってますね。

辛抱強く持っていれば、今頃24,600円も出ていました。笑

配当金も合わせると3万円弱は利益が出ていたでしょうか。

株式投資のすすめ

私の初めての投資先のような小型株であれば、もし損失を出しても痛手が少ないです。

株式投資を勧める理由としては利益が出るという経済的なメリットだけではありません。

自身の仕事の業種以外に興味をもち、視野を広げることができます。

また、様々な会社の事業展開などを眺めることで、いち従業員としての視野から、経営者の視野が少し見えてくるようにも思います。

眠らせている貯金があるならば、一度株式を購入してみるのはいかがでしょうか。